3名のパートナー弁護士を紹介します。

ホライズンパートナーズ法律事務所には現在、5名の弁護士が所属しています。
事務所がどのような事務所かはやはりパートナー弁護士がどういう弁護士かに大きく影響されます。
そこで、3名のパートナー弁護士をご紹介します!

鋭い事案分析と明快な論理力

Shigenori TAKAI

パートナー弁護士高井 重憲

依頼者の最善の利益を追求する

 「依頼者の方の利益」と一言といっても簡単ではありません。
 例えば解雇の事件を使用者側で争う場合、納得いかないから徹底的に争いたい、という意向を依頼者の方が持っていたとしても、解雇が無効と判断されてしまう可能性が高ければあえて厳しい意見を告げて決断を迫る必要がある場合もよくあります。
 弁護士として求められているのは、単に依頼者の表面的な希望だけに盲従するのではなく、様々な利益があることを説明し、依頼者に決断してもらうことが非常に大切です。
 そして、一度決断がされたならば、その実現に向けて最善を尽くすことを常に心がけなければなりません。

表現にこだわる

 弁護士の仕事をしていく中では書面が一つの成果物として形に残ってきます。
 そして、書面のちょっとした表現によって依頼者の方の満足度も大きく変わってきます。
 依頼者の方が期待する以上の書面を作成して満足してもらう、そのためにはちょっとした表現のニュアンスにもしっかり注意を払う、そんな仕事のやり方を心がけています。

弁護士として働くことの魅力

依頼者の方と直接向き合う

 弁護士として働くことの魅力は、依頼者の方と直接向き合うことができる、という点にあります。
 もちろん大変なときもありますが、自分としてのベストを尽くし、最善と考えられる解決に至ったときの充実感はなにものにも代えがたいものです。

想像以上に広い活動領域

 弁護士としての活動は必ずしも事件に対するものだけではありません。例えば私は弁護士会の子どもの権利委員会に入って活動していますが、子どもの虐待の問題や学校での教育問題など、いろいろな社会的な問題に対しても積極的に関与していくことができます。
 法律の専門家として、社会的にも意義のある取り組みができるという意味で弁護士という仕事は素晴らしいと思っています。

Shigenori Takai

スペシャリストとして社会の役に立つ

 弁護士になって幸いにして一定の評価もいただき、単独での書籍の出版なども実現することができました。
 ただ、まだまだ社会の中で弁護士のニーズが埋もれている分野は山ほどあります。
 そのような分野に積極的に取り組み、スペシャリストとして社会の役に立てるよう、精進していきたいと思っています。

求む!向上心にあふれる仲間

 私自身もあっという間に弁護士になって10年以上が経ちましたが、まだまだ力が足らない、もっとこうなりたい!という気持ちは強くなるばかりです。
 もちろん弁護士として働き始めた直後には失敗もあるでしょう。それぞれの失敗をきちんと受け止め、さらなる成長の糧にしていくことができる人であって欲しいと思います。