3名のパートナー弁護士を紹介します。

ホライズンパートナーズ法律事務所には現在、5名の弁護士が所属しています。
事務所がどのような事務所かはやはりパートナー弁護士がどういう弁護士かに大きく影響されます。
そこで、3名のパートナー弁護士をご紹介します!

優れたバランス感覚と柔軟な発想力

Rika ARAI

パートナー弁護士荒井 里佳

常にアグレッシブに

 弁護士として仕事をしていく上で、常にアグレッシブに取り組むことを心がけています。
 当たり前ですが、なんでもかんでも猪突猛進するというわけではありません。
 ただ依頼者の方からしてみれば、人生に一度の戦いであることがほとんどでしょうから、そのような依頼者の方の味方となって、出来る限りその意向を尊重できるように、積極的に取り組むことを心がけています。

イマジネーション能力

 弁護士として働いていくには「イマジネーション」が大事です。
 弁護士は法律のプロなので、理屈・論理はあって当然です。論理力や理屈だけでは足らず、相手がどう動いていくのか、お客さんがなにを求めるのか、このようなことを常に考えながら仕事に取り組んでいくことが大事だと思っています。
 これは経験や知識を背景として、さらにスキルアップしていくためには、絶対に必要かつ重要な能力です。

弁護士として働くことの魅力

自由であること

 弁護士の仕事はいろいろな意味で自由であることが最大の魅力です。
 自分の責任でライフスタイルを決めていくことができる仕事なので仕事の状況や体調などとも相談をしながら、自分のペースで仕事に取り組めます。
 この魅力は他では味わえません。

先生に依頼してよかった

 依頼者の方に納得して貰えることが一番やりがいを感じる瞬間です。
 自分がベストと考えて進めてきた方針や対応について依頼者の方から「先生に依頼して良かった」と言ってもらえたときは、とてもうれしいと思います。

弁護士の仕事に新しい価値観を

 これまでの弁護士の枠組みにとらわれることなく、積極的に新たな価値を提供できる弁護士を目指したいと考えています。
 例えば、企業の顧問弁護士という仕事をとってみても、今までのように単に受動的に相談を受けているだけではなく、積極的に弁護士の方から価値ある情報を提供できるようになっていきたいし、そのような関係性を築いていきたいと思います。

感謝の気持ちを忘れずに

 感謝の気持ちをいつも持っている人が希望です。
 私たちは個人事業主ではあるけれどもやはり完全に1人だけでやっているわけではありません。事務所のメンバーがちょっとしたアドバイスや激励、サポートなど、いろいろな形で支えてくれている、そのことを常に忘れずにいられる人に仲間になって欲しいと思います。

Copyright 2017 ホライズンパートナーズ法律事務所