3名のパートナー弁護士を紹介します。

ホライズンパートナーズ法律事務所には現在、5名の弁護士が所属しています。
事務所がどのような事務所かはやはりパートナー弁護士がどういう弁護士かに大きく影響されます。
そこで、3名のパートナー弁護士をご紹介します!

あふれる情熱と懇切丁寧な対応

Yoshikuni BANDOU

パートナー弁護士坂東 利国

好きな言葉は・・・

「情熱」です。
 知識やスキルはもちろん大事なんですが、それ以上にやはり依頼者の方のために最善を尽くす、そのような熱意を常に持っている必要があると考えています。依頼者の方の希望を出来る限り丁寧にくみ取って、納得して貰えるような取り組みをすることが大事だと思っています。そのためには、やはり依頼者のことを考える「情熱」が必要だと考えているのです。

とにかく丁寧に

 出来る限り依頼者の方の話も丁寧に聴き、それぞれの選択肢を具体的に提示して、サポートしていくことが大事だと考えています。
 例えば離婚事件などでは、人生に迷っているような方からの相談も多いです。弁護士としての経験をふまえた将来の見通しなどを具体的にお伝えすることで、安心して貰えたり、そのような仕事の進め方をしていきたいと考えています。

弁護士の仕事の魅力

ひとこと、自立性

 自立性が高い仕事であることが最大の魅力です。
 事件に取り組むに当たっては、例えば勤務弁護士でも、自分の意見を述べることができる。また、依頼者にとって最善であると考えれば、依頼者にとっては厳しい意見であっても率直に伝えるべき場合もあります。このような、自分で自分の考えを持って取り組める仕事であることが、最大の魅力だと考えています。

自分の意思で決められる

 自分の希望することに取り組むことができる点にやりがいを感じます。
 会社に勤務しているような場合では、必ず希望の仕事を担当させてもらえるとは限りません。
 弁護士であれば、自分の努力次第で、自分が望む仕事を実現することも十分可能です。

Yoshikuni BANDOU

今後のビジョンは・・・

 昨年、個人情報保護やマイナンバー制度の関係でとても多くの講演や執筆などの機会も得ることが出来ました。
 これを一つのきっかけとして、今後は今まで以上に幅広く企業の役に立てる仕事をしていきたいと考えています。
 自分としては、コンサルティング的な機能も弁護士が果たしてくことが大事ではないかと考えています。

求む!自尊心と協調性がある人材

 自尊心と協調性のバランスが大事です。
 弁護士である以上、基本的には1人1人が責任を持って仕事に取り組んでもらう必要がありますが、他方で、事務所のメンバーである以上、バランスをとって周囲とも協調していってくれることがとても大切だからです。

Copyright 2017 ホライズンパートナーズ法律事務所